一峰会.png

海南海草地方の障害者と歩んで30年。 

地域に根ざした活動を展開してきました。

新理事長 竹内 良子

一峰会のさらなる発展を願って

 地域や関係機関の皆様には当法人への多大なご支援ご協力に深く感謝申しあげます。
 私は、かたつむり共同作業所に一年間勤めた後、あすなろ共同作業所の施設長として四年間勤務し、その後理事として法人の活動に携わってきました。
 この度、前西川理事長より重責を引き継ぐことになりました。
 一峰会は法人設立以来、一歩も立ち止まる猶予もないままひたすら歩み続けて今に至っています。
 昨今社会情勢がたいへんきな臭く、国民のなかに不安感が広かっていますが、社会保障施策もまた、確とした指針がなかなか見えない状況です。
 今この時、なお一層気持ちを引き締め足元を固め、職員・利用者一同しっかり前を向いてすすんでいきたいと思います。どうか今後ともよろしくお願い申しあげます。
竹内理事長.JPG

障がい者生活サポートセンターにじ

一峰会では、一般相談事業、指定特定相談支援事業を行っています。

指定特定相談支援事業とは

 相談支援専門員が、ご本人やご家族の意向をお聞きし、情報提供や事業所との連絡調整を行います。

◎福祉サービスや専門機関の利用援助地域の福祉サービスの紹介と、利用に伴う申請の手続きの方法などについて支援させていただきます。ニーズに応じて、各種専門機関を紹介します。
◎社会資源を活用するための支援生活支援や就労支援をする福祉関係の事業所の紹介や、生活情報の提供を行います。
◎社会生活を高めるための支援健康管理、基本的生活習慣の向上、趣味や余暇活動等の社会生活を高めるための手だてを一緒に考えます。

 障害福祉サービスまたは地域相談支援を利用するすべての障がい者が対象です。
 平成27年3月までに必ず利用する必要があります。

 一人ひとりの状況に合わせて、サービス利用計画の作成およびモニタリング等による相談支援を行います。

グループホーム第2日向画像にリンクしています。

地鎮祭 2012年9月27日(木)
雲一つない秋の日、グループホーム第2日向の地鎮祭が行われました。

上棟式 2012年12月6日(木)予定

社会福祉法人一峰会 10周年記念事業盛大に開催されました。

2012年10月20日(土)10:30~
海南商工会議所 4階
法人の10年を記念した式典とレセプションを行いました。

10年前、1法人1施設で始まった一峰会も10年の歴史を重ね、事業所もぱん工房かたつむり(従たる施設としておかし工房桜和)あすなろ共同作業所、グループホーム日向を抱える法人に成長してきました。これもひとえに地域のみなさま、関係者のみなさま、利用者・家族のみなさまの支援があったからと思います。
今年は、第2グループホームの建設や相談支援事業所の充実を図っていきます。
みなさまのますますのご支援をお願いいたします。

第6回
みどりの祭り

4月29日(日・祝)
 午前10時~午後2時(雨天決行)
場所:あすなろ共同作業所
模擬店(ちらしずし、やきそば、フランクフルトなど)、ステージ、体験コーナー
など催し物盛りだくさん


midori.jpg

がんばれ海南 だれもがすみよいまつづくり
福祉のまち、障がいを持つ方々の自立生活を目指して
ganbare.jpg

2月5日(日)海南市民会館ホール
第1部 講演(午後1時30分~午後2時まで)
演題「海南・海草地域の障がい者の現状について」
講師 金川めぐみ氏 和歌山大学准教授
第2部 映画試写会 (午後2時10分~午後3時55分まで)
「人生、ここにあり!」
jinsei.jpg
3月11日(日)海南市民会館ホール 午後1時30分~
講演「地域におけるバリアフリーを目指して」
講師 石井めぐみ氏(女優)
misii.jpg
いずれも入場整理券が必要です。お問い合わせ先/あすなろ共同作業所 電話487-5560

第4回 法人学習会
8月10日(水)午後6時より
講師:山田博章氏
内容:相談支援体制の充実について

平成24年4月から、すべての障害福祉サービスを受ける利用者に支援計画(ケアプラン)作成しなければならなくなるが、現行と見直しで何がどのように変わるのかについて学習する。

第3回 法人学習会開催 

講師:上杉文代
日時:7月13日(水)16:30~18:00
場所:あすなろ共同作業所

機関誌いちみねに掲載していた、上杉文代先生の連載が終わり、今回、改めて上杉先生をお招きして学習会を開催した。
 かたつむりが生まれるには、やはりしっかりとした時代背景があったこと。またそういった時代の中でかたつむりの出自を支援した人があったことなど、そういった連綿とした働きの中で今の社会福祉法人一峰会があることを学んだ。
 また、上杉先生は全国障害者問題研究会和歌山支部長を永く務め、どのような子どもでも発達の道筋は同じであることを、特に障害児教育を通して実践されてきました。全障研の中からきょうされんが生まれ、また、和歌山の障害者運動が大きく全国の運動を支援したことを上杉先生の実践を通して学ぶことが出来た。
 今、私たちもさまざまな障害者を受け入れて就労訓練を行っているが、年齢は大人になっていても発達という面から見れば、課題が3歳であったり、4歳であったりすることを考えながら、目の前にいる利用ワーカーにどのような手だてが必要なのかをしっかりと検討していかなければならないこと。特に、青年期から成人期を迎えている利用者にとって、仕事と余暇活動の両面から命を輝かせているかどうか、素敵な文化活動にふれたり、参加したり出来ているかどうかといった面から私たちの仕事を再確認する必要があると感じた。
 講演をしていただく前に一峰会の各施設を見ていただいたが、特に、「一峰会の施設は、ホンマモンの機械がすわっており、こういう環境の中で障害者が働けば、働く形もホンマモンになるよね。」といわれたことが印象に残った。(山添高道)

001.jpg

002.jpg

第5回 みどりの祭り HP作成しました。左のサイトマップ2011みどりの祭り からご覧下さい。

みどりの祭り5周年プレ企画
桂枝曾丸師匠 地域交流寄席
2011年4月23日(土)
朝から雨模様の中、地域の皆様100名以上の方々が巽コミュニティーセンターに駆けつけてくれました。当日は、京都から桂文鹿さんも駆けつけてくれ各2回の公演を行ってくれました。
特に、枝曾丸師匠の和歌山弁による落語は、みんな納得のいく笑いが会場に満ちあふれ、みなさん大いに楽しむことが出来ました。
sisomaru.jpg

2011年1月8日(土)社会福祉法人一峰会の新春職員研修会を開きました。
最初に、西川清晴理事長より新年のあいさつがあり、その後、2つのグループに分かれて話し合いました。
近年は、法人で働く職員の数が増え、、法人としてのまとまりが生まれるよう、みなさんの職務内容や日頃話し合えないことを交流し合いました。
中には、はじめて顔を合わす人もおり、1年のスタートにふさわしい研修になりました。
したの写真は、研修のようすです。

newyesr11.1.8.jpg


ニュース

線色1.png

第5回 みどりの祭りと

プレ企画 桂枝曾丸師匠と一門の皆様による寄席
短い線、1.png
プレ企画の寄席は2011年4月23日(土)午後2時から3時30分
 巽コミュニティーセンターで行います。

2011年4月29日(金)みどりの祭りは、例年通り、あすなろ共同作業所で行います。
短い線、1.png

一峰会の事業

線色1.png

ぱ ん 工 房 か た つ む り

短い線、1.png
DSC_7264.jpg

短い線、1.png
パンの製造・販売
定 員 27 名。

  〒 642-0023 和歌山県海南市重根 1778番地
  TEL 073-485-3320
  FAX 073-485-3340
  URL http://ichimine.com
  E:mail  den2musi@piano.ocn.ne.jp

詳細はかたつむりへLinkIcon

線色1.png

お か し 工 房 桜 和

短い線、1.png
SANY0724.JPG
短い線、1.png
SANY0731.JPG
短い線、1.png
2010年4月新事業体系に移行し、名称を「おかし工房桜和」とし、事業内容がわかるようにしました。
また、バウムクーヘンの機械を導入し和歌山の素材を使った商品作りを進めています。

定 員13名。

  〒 640-1161 海南市野上新 616-8
  TEL 073-485-2890 
  FAX 073-485-2890
  URL http://ichimine.com
  E:mail  sawa-den2musi@citrus.ocn.ne.jp

詳細は桜和へLinkIcon

線色1.png

あ す な ろ 共 同 作 業 所

短い線、1.png
SANY0692.JPG
短い線、1.png
SANY0689、車&電気線の消す.jpg
短い線、1.png
パウンドケーキやベーグルの製造・販売、
日用雑貨の組み立て(下請け)などを行っています。
定 員 40 名 

  〒 642-0024 海南市阪井 521
  TEL 073-487ー5560  
  FAX 073-487-5556
  URL http://ichimine.com
  E:Mail asunaro2noki@forest.ocn.ne.jp

詳細はあすなろへLinkIcon

線色1.png

共 同 生 活 介 護 事 業
グ ル ー プ ホ ー ム 「 日 向 」

短い線、1.png
SANY0620.JPG
短い線、1.png
SANY0615,電気線の消す.jpg
短い線、1.png
利用者が自立を目指し、
共同生活を行っています。(職員が宿直)。
定 員 4 名。

  〒 642-0023 海南市重根 1164ー8 
  TEL 073-487-5650 
  FAX 073-487-5650
URL http://ichimine.com

詳細は日向へLinkIcon

線色1.png

一峰会の会則

社会福祉法人 一峰会 サポート会 会則

第一条 名称

本会は社会福祉法人一峰会サポート会と称する

第二条 会員

本会の会員は社会福祉法人一峰会事業に賛同し、協力する人

第三条 目的

本会は会員相互の親睦をはかり、社会福祉法人一峰会の事業、諸行事に協力し、
障害福祉の向上に努めることを目的とする

第四条 活動

本会は前条の目的を達成するため、次の活動をする

1、会員を拡大する
またバザー、物品販売等の活動を通じて社会福祉法人一峰会を支援する
(サポート会費・個人年間3000円・団体5000円)

2、社会福祉法人一峰会の事業に協力する

3、会員相互の親睦をはかる

4、会報を発行する

5、地域の福祉向上のために活動する他団体、機関と協力する

第五条 役員

本会には次の役員を置く

会長1名・副会長2名・事務局若千名(会計)・会計監査2名任期は1年とし、再任を妨げない

第六条 総会 役員会

総会は年1回とし、役員を選出し、1年間の活動報告、会計報告及び活動方針を決める

役員会は必要に応じて会長が招集する200